電車男

2.電車内にジョントラボルタを

Jon

■ケース2

<先週あった出来事です。>

僕はいつもの様に走ってギリギリのタイミングで電車へ駆け込みました。

いやぁ暑い。

エルニーニョ現象の影響でしょうか、最近非常に暑いですよね。

もう夏みたいな暑さです。

それにしても暑い。

汗が止まりません。

本当に満員電車の暑さは勘弁願いたいと思っていました。

この異常気象が後に起こる、悲劇の火種となる事も知らずに・・・。



■カバンと上着を網棚に載せ、手で顔を扇ぎながら、パチパチと携帯サイトを順繰りに徘徊しておりました。

「新日本橋」に着いた頃、網棚に置いた僕のカバンの下の席が空席となりました。

僕が座るにはちょっと前の人間が邪魔で、着席する事が困難な状況でした。


ふと、ジョン・トラボルタを彷彿とさせる男が。


いえ、ジョン・トラボルタ激似の。
まるで、『フェイス・オフ』と手で顔をしぼませる仕草をすぐさまにやってみせようかという男が僕のカバンの下の空いた席に『しねー』というくらいの鋭いケツの勢いで『バフゥン』という爆音と共に着席しました。


ベネです。
良いのです。僕は座らなかったのです。
そのジョン・トラボルタの鋭利なケツの勢いにここは賞賛しましょう。
次は「東京」に止まるのでかなり空くはずですし・・・


いえいえ、ここは全然余裕なんです。
次は日本首都の「東京」なんです。
結果的に言えば、あのジョン・トラボルタに席を譲った様なエピソード、はたまた擬似体験になったのです。
痛くも痒くも。座りたくもありません。

本当に。



■次の駅の「東京」に着きました。

その、ジョン・トラボルタが立ち上がりました。一駅で。


ちょっと待ておいぃぃぃぃ!


『バフゥン』でそれですか!
一駅ですか!
一駅で『バフゥン』ですか!
早いだろ!
ご丁寧に言いますと『技のお使いどころ、お間違いになられていませんか?』
ニコラス刑事!早く来て!

と、一同突っ込みたかったに違い無いはずなのですが、

ジョン・トラボルタの立ち上がりの勢いで、網棚にカバンと並べて置いてあった『2帳羅』の僕の上着が落ちてしまったのです。


おお、ジーザス。なんという事か。


ジョン・トラボルタは反省する顔も見せず、僕の2帳羅の上着を拾い上げ、
『どこから降ってきたんだ?』的な目で、
ハテナマークの目のふざけた顔で、立ち尽くすので、言ってやりました。


『ああ、すみません。自分のです。』



【まとめ】
走るイライラを根ざした肉詰め満員電車の中でこそ、寡黙にならずハッキリと礼儀で対応した方が良い結果に繋がります。
例えば、いちいち後ろを振り返ってくる勘違いの女性がいれば、
『すみません。』
それだけで安心してくれるのでしょうか、もう振り返ってくる事はありません。

先ずは落ち着こう。もちつけ。



■その後、見せかけだけの「じょん・とらぼるた」は紳士的日本人である事を証明するかの様な僕の発言により、何事も無かったかのように下車し、去って行きました。


フェイス/オフ 特別版 DVD フェイス/オフ 特別版

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005/08/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する



よろしければ↓お願いします(^^


人気blogランキングへ


ブログランキング



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ

へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1.電車内にパブリシティ権を(ヒジテツ)

■いやぁ仕事って憂鬱なものですねー

自分は先ず朝の満員電車が大の嫌いですよ

今日はその電車トークで盛り上がってみよう、ヒアウィーゴー!



■ケース1

<これは3年前のまだ社会人デビューしたての時代のお話です。>

満員電車で僕の背中が背中に触れ、ひじで押ししてくる女性に出会ったー

朝の占いでこぶ茶を飲めば出会いがあるというので、
飲んでったらこうなったー

然しながら逃げ道が無い訳で、
その時の僕はただ、呆然と立ち尽くしていたー



また背中が触れ、


ひじで押され。


また背中が触れ、


ひじで押され。



仕方なしに我慢していたら何度も何度も押してくる。
無限に。マシーンの様に。
明らかに最初居た僕の領域を侵してきているのに!


最初は我慢していたけど段々と頭にきて・・・




『おもいっきしエルボー!』






とんとん・・・(その女性に肩を叩かれて)

(衝撃の告白、カミングアウト)




『今ヒジテツしませんでした? 謝って下さい。』




顔を良く見るとお局様系です。

周囲にじろじろ見られつつ耐えられなくなって
きっと皆心で「痴漢じゃないか痴漢じゃないか」って
心躍るお祭り騒ぎ状態になっているのではないだろうかって

なるほど。
そう思わせる事を狙っての発言ですか。
そういう了見ですか。そうきましたか。




『すみません。』

『イヤホン取って謝ったらどうなんですか?』

『すみません。』

(あわわわわ)




満員電車で背中が触れるくらい仕方ない事ではないですか
周囲の状況、混み様を良く把握して下さいよ。

おやじの汗だく背中じゃないだけマシじゃない?

みんなそれを我慢して、そんな背中を乗り越えて毎日頑張ってんだよ!

俺の背中も乗り越えて行けよ!

行けよー!(エコー)

同じ電車に乗って通ってる日本人じゃん、運命共同体じゃん?

言いたい事も言えないこんな世の中だけどなぁ、

背中触れたくらいでなぁ、

しつこくひじで押してくる事ねぇだろ、

狭い、窮屈な満員電車なんだから仕方ねえだろ、緑車乗りゃれ!

日記でせこせこ愚痴を綴るくらいしかできない真面目な青年にぃ・・・



あんた何様ですか!



と、当時の僕からは反省の面はまるで見えませんでした。

社会人になって通勤が人生初でしたので、
今になってみるとこれはまさに。

『電車ど素人』

それもエルボーをする、最低のケースと言えるでしょう。反省しております。

この事件がきっかけで電車通勤が地獄になり「電車内で腹痛」「仕事中に眠い」「遅刻をする」「ミスが増える」と発展したという事は言うまでもありませんよね?



■次回のケース2は通勤をする『ジョン・トラボルタ』登場です。あくまで予定です。

(というか今思い出したら咄嗟に「ヒジテツ」って発言をするお局様が地球上に存在する事に対して笑い吹き直しました)




よろしければ↓お願いします(^^


人気blogランキングへ


ブログランキング



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ

へ

| | コメント (28) | トラックバック (6)

その他のカテゴリー

メンラー 男料理 社会 電車男