« 2007年7月 | トップページ

2007年8月

ZO-ZE-UZEE!

知っているようで知らない消費税―「超」税金学講座 (新潮文庫) Book 知っているようで知らない消費税―「超」税金学講座 (新潮文庫)

著者:野口 悠紀雄
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

消費税15%による年金改革 Book 消費税15%による年金改革

著者:橘木 俊詔
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

■また意見ありそうなネタですみません円。
だってこれは僕の生活にリアルに影響をもたらすモノだから・・・

帰りに田町駅で増税反対と訴えて署名運動に励む団体と遭遇しました。

「消費税廃止各界連絡会」

今まであまり社会に関心の無かった僕などは聞いた事もありませんでした。
夏の参議院選挙を控えたこの時期に、怪しい匂いもしそうだけど・・・

口座などの個人情報をモロに扱う仕事をしているので、
個人情報保護法が施行されてからは常々自分も注意していました。

然しながら、とりあえず何が「勝ち負け」かは別として、
勝っても負けても「参加」する事や意欲から得られる経験は何か必ずあるはず!
いつもそう思って色々と興味本位で行動してみます。
もちろん流されないように信念は保つようにしますが。
とりあえず資料を要求し、中身を確認しました。

一方的に書いては今回の日記の方向性とは別に賛否両論ありそうなので説明は割愛しますが、

「大企業にはおトク、庶民にはイジメ、それが消費税です。」

そういう文句がありました。
『住民税』や例の『定率減税』についても色々と喋ってました。
今一番僕の中で重要な問題だし、参加して少しでも詳しくなれれば良いな・・・

そう思って産まれて初めて街頭で署名しました。

■ちょうど僕だけが演説を聞いて署名しているタイミングでした。

ふと、後ろに3名ほどの若年層リーマンの気を『スカウター』に感じた、次の瞬間

『増税なんてどうでも良いよ』

明らかにこれは僕自身へと履き捨てられた言葉であり、
「好青年してんじゃねーよ」的な言い方を感じ取らざるを得ませんでした。

インテリぶってる訳じゃねっすよ!
実際問題ちょっとやそっとじゃそう思ってたし、住んでる市によると思うんだけど、

『毎月税金が14k上がってんだよ!本当に痛いのや!払ってよ!』

そう心で叫んで一万四千回分ボコボコにしている姿を想像し、
汗がにじみ出てきたところで振り向かず駅のホームに向かいました。

■「ZO-ZE-UZEE!」

いくら綺麗事を言ったとしても、
手取りの金額の数字一つで日々のライフが左右されるてしまうから、

これは正に僕の魂の咆哮なんです。完





よろしければ↓お願いします(^^

人気blogランキングへ

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

blog-navi BS blog Ranking ブログ検索☆BITZ 出会いの広場 ブログランキング

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ