« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

行こう!選挙と・・・

ウケる技術 Book ウケる技術

著者:水野 敬也,小林 昌平,山本 周嗣
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

■お久しぶりです。 
皆さん最近はいかがお過ごしでしょうか?
お仕事は忙しいでしょうか?

僕のところについては、説明不足な納得のいかないやり方で仕様書の修正をする毎日です。
ただ、その日々の繰り返しです。
言うなれば、刺激性の介入無い無限ループです。
コンパイルすら通りません。

しかし7月からは心機一転、東陽町で巨大プロジェクトにコミットする事になりました。
また余裕の無い毎日が待っているのでしょうか。

■話は全く変わって皆様は既にご存知の通り、夏に参議院選なるものが開かれます。

国を変えるべき維新を各党が掲げ、清き一票をと僕らには謎めいたモノが日々夜うごめいております。例えば裏金だったり斡旋だったり。

僕らには立ち向かう統べは無く、ただただそれを見守る事しかできないのでしょうか……?

その答えは『NO』です。

パチンコマネーの北朝鮮万歳。
無課税を根源に英雄活動を行なえば、
はたまた浪費された年金6兆円もの巨額マネーの行く先は…。

実態をどうか知って下さい!!

皆さんはきっとネット等を見て情報を得る時間は無いのではないかと思います。もしくは時間が無い為に、圧力のかかったメディアを通してしか情報を得られない状態なのだと思います。暇人や余裕がある人でないと色々と真相が見えないモノではないかと思います。

そしてそれが、極々一般的であると思います。

僕は今、夕飯後の20時~24時ほどまではネットによる情報収集のやりたい放題です。なので皆さんに変わって調査してその結果をお伝えしようと思います。

束縛の無いネットの情報こそが「民主主義」そのものであると思っています。

圧力のかかったメディアを通してのソレを反して。

不確かな面も多々ありますが、メディアに関しても同様の事が言えるのでイーブンではないかと思います。

■投票率過半数以下より、明らかに、日本人の大半は気付いていないのでしょう。

『30~40%の投票率は組織に属した人間達によるもの。』という事実に。

貧富の格差は次第に大きくなってきております。
中国が悪い例で、治安の悪さの根本は貧富の格差が招いているものだと。

最近騙された感を受けた事がありませんか?

『住民税』

「定率減税廃止」という単語を最近どこかで耳にしませんでしたか?

今まで住民税は減税されていたのですが6月からこの減税が廃止されました。住民税の分所得税は下がったけど住民税の減税廃止により結果的に僕は増税しているのです。

貧富の『富』側だけを考えた政治に、支配されたメディアに騙され…

それでも尚、無知な一票を入れるのでしょうか?

はたまたソレを放棄するのでしょうか?

僕ら下級戦士が票を投じずに何が民主主義でしょうか?

それこそ中国のような格差社会への一歩となるとは思いませんか?

■次の参議院選で、僕らにあるただ一つの革変的である『権力』を行使する時ではないでしょうか?

何が7日間プロジェクトでしょうか?

何が『軍隊式』でしょうか?

どこが『キャンプ』でしょうか?

さぁ……

『上腕二頭筋肉』を鍛えましょう。

ビリーズブートキャンプという名に騙されず。

7日間で痩せられる訳が無い。
それだけ根性あるのならば走れと言いたい。

「フッキン」をしよう!

■しかしながらビリーのDVD収集に全力をかける毎日です。完





よろしければ↓お願いします(^^

人気blogランキングへ

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

blog-navi BS blog Ranking ブログ検索☆BITZ 出会いの広場 ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »